帝塚山中学校・高等学校 コース案内

コース案内

女子特進コース

国公立大から難関私立大まで、多様な進路に対応します。

受験指導の特色

  • 神大・大阪市大などの国公立大学への現役合格をめざし、英数コースに準じたカリキュラム編成。
  • 高2までに中学・高校の内容を履修し、高3は受験対策に専念。
  • 授業時間を最大限確保(週36〜38時間)。

学習・生活指導の特色

  • 一人ひとりの夢や目標を実現するための丁寧な進路指導を行います。
  • 中3に自分の進路について考える進路学習を行い、目的意識を明確にします。
  • 長期休暇中の受験セミナーや講習・指名者補習で目標に合わせた学力を身につけます。

人間力を育てる教育

  • 豊かな品性と教養を身につけるという教育理念に基づいて、幅広い視野と知識、そして思いやりの心を持つことの大切さを学びます。
  • 勉強とクラブ活動の両立、多彩な学校行事への参加によって、豊かな学校生活を送ります。
授業風景1 授業風景2

進路意識を高める大学見学会

  • 大学施設の見学や、研究室を訪問して講義や実験を指導していただく機会を設けています。
大学見学会風景

奈良教育大学 梶原研究室での実験風景

カリキュラム

中1
中2
中3
中学内容基礎力養成
中学内容完成
高校内容基礎力養成
  • ベネッセ学力推移調査(2回)
  • 校内実力テスト
  • 環境・防災校外学習
  • 中2進級時にコース変更あり
  • ベネッセ学力推移調査(2回)
  • Z会中学アドバンスト
  • GTEC(英語能力テスト)
  • 学力推移調査
  • 科学館・博物館見学
  • 大学出張講義
  • 企業見学会
  • ベネッセ学力推移調査
  • Z会中学アドバンスト
  • 駿台ハイレベル模試
  • 校内実力テスト
  • GTEC(英語能力テスト)
  • キャリア教育講演会※
  • 大学出張講義※
  • シアトル海外研修※
  • ハワイSTEAMプログラム※
  • 高校進学時にコース変更あり
     

夏期講習・冬期講習・春期講習・指名者補習

大学受験セミナー

高1
高2
高3
高校内容充実
高校内容完成
大学受験演習
  • 河合プライムステージ模試※
  • Z会駿台アドバンスト模試※
  • 全統模試
  • GTEC(英語能力テスト)
  • 卒業生講演会
  • 進路講演会
  • 国公立大学見学※
  • 河合塾京大合格ソリューション※
  • 大阪大学いちょう祭見学会※
  • 神戸大学工学部見学会※
  • 神戸大学への道※
  • キャリア教育講演会※
  • 京都大学女子高生車座フォーラム※
  • 高2進級時にコース変更あり
  • 河合プライムステージ模試※
  • Z会駿台アドバンスト模試※
  • 全統模試
  • GTEC(英語能力テスト)
  • 卒業生講演会
  • 進路講演会
  • 大学出張講義
  • キャリア教育講演会※
  • 京都大学女子高生車座フォーラム※
  • オープン模試
  • 実践模試
  • 年始センターマラソン
  • 進路講演会
  • 卒業生講演会
  • 進路講演会
  • 河合塾京大合格ソリューション※
  • 医学部一直線※
     

難関大学別受験セミナー(男女合併講座)

※は希望者です。

選択例

週36〜38時間と授業時間を最大限確保。
英語・数学重視のカリキュラムです。

2019年度
英語
数学
国語
理科
社会
その他
合計
中学1年
7
7
5
5
3
9
36
中学2年
7
7
5
4
4
9
36
中学3年
7
7
6
4
4
8
36
高校1年
6
6〜7
6
6
4
9
37〜38
高校2年(文)
7
7
6
2
10
5
37
高校2年(理)
7
7
6
8
4
5
37
高校3年(文)
9
6
7
4
6
4
36
高校3年(理)
7
10
5
7
3〜4
4
36〜37

●上記の選択例は、2019年度のものです。

女子特進コース
キャリア・高大連携教育の取り組み

2018年度
中学生
  • 防災を考える (他学年との協同学習)
  • 平和学習(琉球文化~戦争~基地問題へ)
  • 理科ワークショップ (大阪市立科学館)
高校生
  • 化学実験講座(奈良教育大学)
  • 化学実験講座発表(京都工芸繊維大学)
  • 大学での研究体験講座 (神戸大学文・経済・経営学部)
  • オープンキャンパス・ 大学見学会レポート
  • 学年旅行講演会(環境保全の立場から自然を考える)
奈良教育大学「化学実験」体験講座〈高校2年生女子、希望者〉
理系大学において重要な研究活動を知る機会です。奈良教育大学が保有する大型分析装置を使って研究体験を実施。研究者や大学院生が参加する専門の研究会で、唯一の高校生研究グループとしてその成果を発表します。約10年続くこの活動は、研究会での発表を通じて、専門学会との連携にも広がっています。