帝塚山中学校・高等学校 教育の特色

教育の特色

教員紹介

あなたのやる気をしっかり受け止めます。

あふれる情熱で熱意ある指導 − 帝塚山の教員は、そんなありきたりの言葉では 言い表せないほど真剣に、一人ひとりの生徒と、日々向き合っています。

帝塚山の教員は、放課後も授業をします。
職員室の外にずらりと並んだ机と椅子は、質問コーナー。
教員に、分からないところは分かるまで、しっかりと教えてもらえます。
あるときは熱く、あるときはやさしく。
本校の全教科の教員は、分からない生徒がいなくなるまで教え続けます。

教科担当

英語科
自立した英語学習者を育てます 英語科 中林 豊
英語ができたらいいな、と考えている人は多いですが、その勉強方法はあまり理解されていません。言語学習に必要なのは「問題を解く」ことではなく4つの技術(話す・書く・読む・聞く)を刺激するトレーニングを行うこと。自分の段階を把握し、何をどれくらいやれば英語が使えるようになるのかを実感できることが最大の武器になります。本校の授業を通して自立した学習者に育ってほしいと考えています。
 
国語科
正確な読解力と、わかりやすく伝える力を 国語科 小野 有子
情報化・多様化が進む現代社会で、子どもたちは膨大な情報や意見に囲まれて生きていかねばなりません。そのため国語科は、①様々な文章や思想に触れその内容を正確に理解する ②そのような考えに対する自分の意見を持つ ③自分の意見を他者にわかりやすく伝えるという、三つの力を養えるよう日々指導しています。私たちは、国語教育を通じ、未来へ飛び立つ生徒たちを支え、貢献したいと考えています。
 
数学科
数学的な思考力が、様々な学問に役立ちます 数学科 今中 康裕
数学は、私たちが社会生活を送るうえで基本となる学問です。問題を自ら考え、論理的な思考で解決し、その過程を自分の言葉で説明するということは、社会生活の様々な場面で必要となります。「数学の問題を解く」ということを通して、他者とのコミュニケーション能力を身につけ、数学的な思考力を向上させることで、他の教科の理解を助け、様々な学問に役立てて欲しいと考えています。
 
理科
「なぜ?」からはじまる体験型授業 理科 丸山 正剛
理科学習の要諦は、身の回りに疑問を持つこと。本校では一人ひとりの「なぜ?」を大切にし、実験や観察を重視した体験型授業を展開しています。天体観測ドームや、8つの実験室、講義室があり、ICT機器も駆使して、生徒の「なぜ?」に答えていきます。長期休暇前には、夜間天体観測、磯観察、科学館・水族館などの見学を実施。見て、触って、感じ、確かな学力を育みつつ、知的好奇心をくすぐる授業を展開します。
 
社会科
よりよい社会を創造する人に 社会科 小林 奈央子
これから未来を創造する若い人たちには、現代社会が抱える諸課題を解決していく力が求められています。地理では多様なスケールで人間と環境との関わりをとらえ、歴史では過去の事象を探求的に学び、公民では複雑な社会システムを理解することで、地域そして世界に生きる一員としての自覚と、課題解決力の基礎をつくります。社会科では、すべての科目でそれぞれ専門の教員が生徒の知的要求に応えています。
 
保健体育科
集団的運動を通して人間力を高める 保健体育科 田中 裕之
様々な運動の特性を個々に理解し、集団で目標に向け練習を積み重ねることは、一人ひとりの「責任感」と「他者とのコミュニケーション能力」を育成するために有効です。運動を通して身体能力を高めると同時に、「思考」「判断」「忍耐」「責任」といった人としての力を磨くことを目標としています。運動のもつ魅力を知り、生涯を通じて親しみ健康的な生活の一助になればと考えています。
 
技術家庭科
生活の質を高めるために 家庭科 藤 麻由子
現代社会では、情報を正しく取捨選択し生活に活用する力が不可欠。そのような社会で技術・家庭科が担う役割は増しています。授業では知識習得だけでなく、自立した生活者として知識を活かせるよう実習や体験も多く導入。また、性や家族の在り方、働き方など人生の様々な場面で選択肢が多様化していく中、家庭生活や労働などについても考え、自らの価値観を形成し生活の質を高めることも目標としています。
 
芸術科
ものをつくる経験が、自己肯定感を育てます 美術科 片岡 健二
試行錯誤を繰り返しながらものをつくることで、満足感や達成感が得られます。ひとつのものをつくる経験は自信につながり、自己肯定感を育んでいきます。それが、自分でものを見る力、自分なりの答えにたどり着く力、新たな問いを生み出す力の源になっていきます。考えながらものをつくる人、知識と人格を兼ね備えた人になってくれることを願っています。

学習、生活、進学をサポートします。

サポート担当

進路の指導
大きな夢に向かって歩む生徒たちを全力でサポートします 進路指導部長 仲島 浩紀
多くの選択肢を得て自身で判断・実行する。そんな生徒たちを全力でサポートします。受験は、豊かな未来予想図を描くための選択肢を増やすチャンス。最大の努力で最大の結果を得てほしいと願っています。
 
生活の指導
将来の自立した生き方に必要な資質や能力の育成をめざして 高校生徒指導部長 吉村 拓也
一人ひとりが自己の生き方に向き合い、自己実現を達成するため、社会や集団の変化に対応しながら主体的に自己の判断、責任において自らの行動を決定することのできる能力を身につけられるようサポートします。
 
悩みなどの相談
臨床心理士とも連携し、生徒たちを支えていきます 教育相談室長 山口 光栄
主体的に学校生活を送るためのエネルギー充填のお手伝いをします。週に2日、臨床心理士によるカウンセリングも行われていますので、気軽に相談してください。
 
国際教育・国際交流
グローバルに活躍できる人材となるために海外で視野を広めましょう 国際交流委員長 別所 誠
中学では「サイエンスキャンプ」・「STEAMプログラム」など3つの海外研修、高校では「エンパワーメント」などのプログラムを実施。シンガポールの姉妹校などとの交流も通して、グローバル感覚を養います。
 
クラブ活動
目標に向かって努力を続ける姿勢と先輩や後輩との人間関係を身につけます 剣道部顧問 米倉 靖博
本校は中学校でクラブ全入制をとっており、各部顧問の指導のもとで、勉強との両立を考えた指導計画が立てられています。クラブ活動は、クラスや学年を超えた学びの場と考えています。