帝塚山中学校・高等学校 学校紹介

学校紹介

学校長あいさつ

一人ひとりを大切に

学校長 池辺政人

帝塚山中学校 高等学校
学校長 池辺政人

帝塚山学園は建学の祖・森 礒吉 初代校長の教育精神である「子どもや若い人たちは学園の宝」を柱とし、生徒一人ひとりの個性を尊重し、その個性を活かす教育を大切にしてきました。
帝塚山は自由な雰囲気と活気にあふれ、豊かな環境に囲まれた学校です。最も成長の著しい中学・高校の6年間に、学力を高め、感性を磨き、自分を鍛え、強い意志で行動できるたくましい力を育みます。
私たちは生徒一人ひとりを自立した個人、また自分のためだけでなく、社会のために尽くそうという志と能力をもった人間として、世に送り出したいと強く願っています。

保護者のみなさまへ

大切なお子さまを
安心して託してください。

教育の目的は、社会の中にあって自立した人間を育てること、一人で生きていける力をもった人間を育てることです。
中学校・高等学校は人が成長するうえで、最も大切な時期。私たちは、生徒一人ひとりを自立した個人、また自分のためだけでなく、社会のために尽くそうという志と能力をもった人間として、世に送り出したいと強く願っています。帝塚山中学校 高等学校は、自由でのびのびした活気に溢れた学校です。この生き生きとした自由な雰囲気と豊かな環境に囲まれた学校生活が、生徒たちにとって、学力を高め、自分を鍛え、人間として生きていく力を育む、人生で最も充実したときになるよう、力を尽くしたいと思っています。
帝塚山中学校 高等学校はお子さまを責任を持って教育し、自立した人間として世に送り出します。